インターバルよりフェスティバル

ペイントとテキストのみ!オールドスタイルを貫く日本一ふざけたランニングブログ!

新元号「令和」発表!その前日に坂道インターバルをしたよ

気持ちよく新年度を迎えた人も、なぁんも変わらない日々を過ごしている人もいるかと思いますが、いよいよ新元号が発表されました。

 

 

やっぱり新元号は特別 

f:id:panko10:20190402063741p:plain

特別な思い入れはありませんが、こうして日本における時代の変遷に立ち会うことができたのは何だかラッキーです。

 

別にこれで生活がよくなったり、マラソンが速くなるわけではないんだけど、何となく日本人のみーんなが注目していることにたいしておれも同じ方向を向けたって意味で。

 

ほら、おれ、いつも、、、ひとり、だからさ。

 

寂しいなんてのは恐竜時代においてきたよ。

生きていくにはその環境に適応するしかねー!

 

置かれた場所で咲きなさい、か。

でもやっぱり水も土もよくないといい花咲かすことできない気がするけどな。

 

おれが超高性能で超水をきれいにする浄水場のような枠割を担って、周りの水も土もよくする存在に・・・なれるわけねーな。

 

追い込みすぎてさすがに疲れたけど、年度最後のポイント練習はインターバルで!

3月は前半はいいペースで追い込んだり疲労抜いたりできたんですけど、1月2月と3月前半の疲れが出たのか、後半たれてしまいました。

 

体というよりも気持ちの面で「今日はいいや」が続いてしまったのが大きいかな。

 

でも「つまんねーな」と思いながらもJOGでごまかしてポイント練習を回避したり、このブログやツイッターに思いを書き(描き)散らしたりしているうちにむくむくといつものモチベーションが復活。

 

なんとか気持ちよく新年度を迎えて、DA PUMPの「ごきげんだぜっ」みたいな気分でJOGをして「Feelin' Good」でした。

 

そんなおれの昨年度最後の練習はやっぱりインターバル。

 

せっかくこんなブログやってるんだから少しでも多くインターバルやっていかなきゃいかん!

という使命感から日曜日の夕方に突っ走ってきました。

 

いつもはスタンダードな1000m×5本をやっていてたまに400m×15~20本をやるんだけど、この日はそんな気分でもありませんでした。

 

「さぁてどこで追い込むかなぁ」なんてタラタラJOGってると、車道と歩道が完全分離されているちょうどいい坂道を発見。

 

距離は多分300mくらいかな?ちょうどいい、坂ダッシュやるぜ!

ってことでいきなりダッシュかましました。

 

 坂ダッシュはマジでキツイ。10本で限界。

これはキツイ。

マジでキツイ。

一応10本の予定だったけど、このペースでは絶対無理。

というか2本目すら無理そう。

 

これまでやってきたインターバルがいかに軟弱であったかを1本で思い知りました。

これをポイント練習の軸にしたらとんでもない負荷をかけられるんではなかろうか…

なんて考えも浮かびましたがすぐに消し去りました。

 

だってきつすぎて継続できないから。

月に1度は頭真っ白、太ももパンパン、ふくらはぎピックピクを刺激として取り入れるのもありかもしれません。

絶対に効果ある練習です。

 

でも繰り返しますが、おれくらい豆腐のメンタルだとやれて月イチです。

 f:id:panko10:20190402061326p:plain

ってことで前半5本は3’20~25/kmペース、後半は「もうやめたい」と思いながらJOGでゆっくり下って、~3'30/kmペースで5本、合計10本駆け上がりました。

 

坂道のインターバルなのでJOGで下ってる途中で犬の散歩をしてる人とすれ違って、また後ろから抜いて驚かれたり、逆に下ってくる人には悶絶しながらダッシュしてる表情を見られたり、まぁ新鮮な体験もできました。

 

めっちゃ追い込んだ練習ができたと思って、JOGで気分よく帰路についているとやっぱり日ごろの行いが悪いんですね、ザーッっと強めのにわか雨に降られました。

 

せっかく前日にストラクチャーを洗ったばかりなのにな。

 

お天道さんよぉ、気持ちはわからなくもないけどよぉ、もうちょっとおおめにみてくれてもいいんじゃねぇかい?

日没間近で気温が下がってよぉ、さらに雨に濡れてよぉ…寒いったらないよ?

 

こんな感じに天候を恨んでも状況は変わらないので、1秒と迷わずに奥様コールです。

ちょうどすぐ近くにマックがあったのであたたか~いコーヒーを飲んでトレーニング終了です。

 

晩飯の準備中だった奥さんを呼び出して、てめーさんはまったりコーヒーかよって声も聞こえてくるかなぁ?

って耳を澄ませましたが、どうやら仏の境地に達したおれは雑音を消し去る能力を身につけたようで、次のような声しか聞こえてきませんでした。

 

「あの人なに?このくそ寒いのに半袖短パン?やばくない?」

「え、ちょっとまって、なんか部室臭くない?あ、あの人のせいか・・・」

「うわー、よく見たら短パンも短めでやたらムキってない?やばー」

 

あれ、何だろう、雨でガラスが曇ってるのかな?

 

いや違うか。

奥さんが運転する車が駐車場に滑り込んでくるのが見えて、すぐに来てくれたその優しさと、この場から去れる喜びで流れ出た涙だ、これ。

 

この涙を忘れることなく、おれは2019年度も引き続きインターバルばっかりやって強くなってやる!

※マックで聞こえてきたのはおれの被害妄想です。

 

おしまい。