インターバルよりフェスティバル

ペイントとテキストのみ!オールドスタイルを貫く日本一ふざけたランニングブログ!

自分より頑張っている人に励まされてインターバル乗り切れたよ

やるときやるのは当たり前、やりたくないときいかに頑張れるかが分かれ道、どうもインターバル狂ことパンコです。

 

いつも土曜日は夜勤明けなので基本オフで、もし隙間時間があればゆったりJOGをする程度です。でも金曜有給だったのでとーっても体が軽く、しかも家族の予定も入ってなかったのでやってきました、インターバル!

お待たせしました!

 

青梅前から今日までインターバルをやらず、いつまでこんなブログタイトル掲げとくつもり?と多くのコメントをもらっていましたが、これでようやくすっきりしました。

(嘘つくなコメントなんか1件も入ってねー)

 

本当はJOGの調子次第でビルドアップにするかなぁ、と思っていたのですけど9km走った時点で、「あれ、おれの背中に翼でもはえた?」ってくらい体が軽く、腰も高くキープできていました。風はまぁまぁあるけど凹むほどではありません。

 

ふっふっふ。

はーっはっはっはっはっ!!

ついにきたぞ。

 

もはや全てのコンディションがおれの背中を押してくれている。インターバルをやるんだぞ頑張れよって。

いいですともいいですとも。やってやろうじゃないですか!

でももう9kmも走ってるから400m×10本で勘弁しておくれ!

設定はそうだなぁ、78秒以内ってことにしときます。

呼吸を整え、ウインドブレーカーを脱ぎ、いざゆかん!

 

・・・・・はぁはぁはぁ。

 

く、くるしー、やめたい、もういいよ、無理無理無理ー

なんて思いながら何とか終了。

 

74秒から77秒の間で全部設定以内で乗り切れました!

気持ちも体もノッてたからかわかりませんが、全部クリアできたのはマジででかいです。奇数本は風が強かったので設定守れないかなぁとちょっと言い訳というかオーバーしても仕方ねー、みたいなメンタルになりかけましたけどきちんと腰を落とさないことを意識できました。

 

1月2月とポイント練習をインターバルにして、1月後半の館山10kmで入賞、青梅前に距離走、青梅で全力、って感じで確実に成長できている気がします。

もちろん今日もクッソきつくて6本終えた時点で「もう無理、やーめた」って思ったんです。

でもそこで奇跡が。

 

おれが6本目を終えて膝に手をついてはぁはぁ、もう無理って思っているときに向こうからチャリにのった外国人(留学生かな?)がやってきておれの横を通っていきました。

その通りすがりに笑顔で「ガンバッテ、クダサーイ」と言ってくれたんです!!

 

f:id:panko10:20190224061813p:plain

 テンキュアァァ(サンキュー)!って返して、7本目に突入。

いつもインターバルやってるのが直線を折り返すコースなので、さっき声をかけてくれた外国人をダッシュで追いかける形になります。

時速18,9kmくらいで走ってるおれの方が速かったので、ママチャリにまたがる外国人を一気に追い抜いて、「Wow!」と驚かしてやりました。

何気ないことかもしれませんが、こんな感じのことで案外気が紛れて疲れを忘れたり、元気をもらったりして乗り切れたりするんですね。

 

8,9,10本目はキツイというよりも、日本にきて頑張って日本語の勉強をして一生懸命働いて…息抜きか用事があったのかは知らないけどチャリにまたがって出かけている最中に見つけたオッサンランナーに「頑張れ」って笑顔と元気をわけてくれて…

 

おれは不覚にも感動してしまい、気がつけば設定通りどころかラスト3本は76、74、74であがることができました。

 

母国から遠く離れた日本で暮らすために言葉を勉強して仕事を得るために頭を下げ、文化や考え方の違いに戸惑いながらも必死に毎日を頑張っている。

その笑顔の裏にどれほどの涙や悲しみ、不安、葛藤があるのかを思うとおれの苦しみなんて一瞬じゃねーか、もっと頑張れくそ野郎と力がわいてきて設定よりも速く走ることができたのだと思います。

 

片手運転で調子に乗っておれに声をかけてくれたにぃちゃん、ありがとなぁ!

 

ところで外国人が日本に住むにはどれくらい金がかかるんだろう。気になったので調べてみました。

えーなになに日本の平均家計支出は?っと…

 

320,000円(32万だよ、3万2千円じゃないよ?)

 

 

っざけんな。

純日本人のおれでもそんなに稼いでねーよ

というかおれの住む村にはそんな稼いでるやつぁいねーよ!

で、そのうち食費が7万だって?

一体毎日何食って生活してんだよ!

マック、吉牛、すき家ってゴージャストップ3で毎食ローテーションしたって5万もいかねーぜ?(お前こそどんな生活水準なんだよ)

ちょっと待って、大体田舎の工場とか倉庫に勤務する外国人アルバイターの収入が7から10万くらいなんじゃないの?

それで節約しながら頑張って将来のためにお金貯めてるんじゃないの?

 

いやぁおれの中の「世界」がいかに狭いか、よーくわかりました。

スマホ、パソコンで世界と簡単につながることができるようになったとはいえ、「スマホは持ち主の好きな情報しか与えてくれない」そうです。(『死ぬこと以外かすり傷』より)

だからスマホは使い方、使う人によって小宇宙のようにもなるし、人をどんどんバカにする道具でもあるというのです。

 

ぶっちゃけると、ほとんどの人がスマホなんて必要ないと思うんです。おれももちろんそうです。lineは便利だし気になったことはすぐに検索できるし乗換案内とか天気とか渋滞情報とかいろいろ出てきます。

でも、今スマホでやってることってほとんど「準備」しておけば必要なくね?って感じます。電子マネーだって事前にお金おろしておけばいいし、集合場所とか時間とか乗換とかなんてこれまでのツールでよくね?って感じです。

 

人とつながったりお金を関連づけたりするには最高のツールではありますけど、ほとんどの人がスマホで稼ぐ方法なんて知らないだろうし、知っていても実践し続けてる人は少ないはず。だからわけのわからん情報商材が廃れては流行ってを繰り返すんだと思います。

人とのつながりだってほとんどの人はいっつも同じ人と連絡とってるだけです。自分のことをさらけ出して自分から価値のある情報、人間とコンタクトをとるために活用している人なんておれの周りにはほとんど見当たりません。

むしろ色んなことを非公開にして新しい人脈を作ろうとしない傾向の方が強いとすら感じます。全てをさらけ出したとしたって「世間はお前のことなんて興味ないよ」が基本で、新しい世界を広げるのに苦労するってのにあろうことか非公開にするなんて…

 

でも使い方は人それぞれですし他人があーだこーだいう必要もありません。お金を払っているのは当人でありおれではありませんから。どこにバリューを感じてウエイトを置くかは本当にそれぞれです。

 

究極的にはスマホなんて必要ないんですが、画面上の情報は持ち主の好きな情報、好きな人からの連絡をお知らせしてくれるので見てると安心するというか、無駄とわかりつつもつい手に取ってしまうんです。

f:id:panko10:20190224065451p:plain

もっと広い世界をみようと心がけることで、スマホをもっともっと活用できるかも!?と考えさせてくれた外国のにぃちゃん!

インターバルの時だけじゃなく、これからの人生においても勇気をもらった気がするぜ!ありがとうよぉ!

 

おしまい。